軍艦やまと

戦艦大和宇宙戦艦ヤマト特別企画BBSMAILサイトマップLINK


- 序章 -

――無限に広がる大宇宙――

 ヤマトは2199年ガミラスの遊星爆弾による放射能汚染で人類滅亡の危機を迎えた時、イスカンダルから送られた波動エンジンを取り付け放射能除去装置を受け取りに行くことになった。
 ここに、大和は宇宙戦艦ヤマトとして復活したのである。
 ヤマトは地球の宇宙艦では初めて月と地球に波動エンジン与えたスターシャの妹サーシャが眠る火星の間で傷つきながらも成功させた。
 木星では切り札とも言える波動砲の試射を実行、ガミラス基地のみならず浮遊大陸諸共宇宙の藻屑とし沖田に「波動砲は我々にこの上ない力になるだろう。だが、使用を誤れば恐ろしい破壊兵器になる」と言わしめたのである。
 土星衛星のタイタンで、波動砲発射によるエネルギー伝道管の修理のためコスモナイトと物資の調達が行なわれた。
 しかし、古代たちはガミラス兵に襲われたが落ちていたコスモガンで古代が打ち倒したがそのコスモガンに記された名を見て古代は動揺した。――冥王星会戦で戦死したと思われる兄、古代守の銃だった。
そこには変わり果てた地球防衛軍宇宙艦隊突撃駆逐艦ゆきかぜの姿だった。だが、ゆきかぜには兄古代守はいなっかった。古代はコスモナイト採取後沖田に呼ばれゆきかぜの報告を求められ、「生存者は無い」と報告した。
 冥王星では、ガミラスの超兵器、反射衛星砲に苦しめられるも、古代、真田らの決死隊の破壊作戦で冥王星基地を破壊に成功。その日以降地球に遊星爆弾が発射されることは無くなった。
 その後ヤマトは宇宙のオオカミと言われる、ガミラス最強のドメル将軍率いる機動部隊を破り、大マゼランに到達後、ガミラス本星での戦闘を制したヤマトは、イスカンダルで放射能除去装置を受け取り急ぎ地球へ急いだ。
 太陽系に戻ったヤマトは地球まであと僅かのところ、倒したはずのデスラーの攻撃を受けるも真田技師長の開発した空間磁力メッキで跳ね返し、デスラーを完全に倒した。
 地球はギリギリの所で救われたのだった。
 その後、白色彗星帝国、暗黒星団帝国、などの様々な侵略に見舞われた地球だが、ヤマトの活躍によって危機を脱したのであった。
 しかし、幾度となく襲い掛かる地球の危機を救ったヤマトも、ついに最後の旅を迎える。
 銀河系同士の交差が起こった時と同じく、水惑星アクエリアスをワープさせ、地球を水没させようとした『ディンギル』という国との戦い。これがヤマトの最後の戦いとなった。
 この『ディンギル』の王は、地球と友好的な関係になったガルマン・ガミラス帝国総統のデスラーによって葬られたのだが、アクエリアスの地球接近は免れず、アクエリアスから水が地球へ流れ込んでしまったのである。
 ヤマトはアクエリアスの地球へと伸びる水中を断ち切るため、波動エネルギーとトリチウムを融合させて自沈した。――たった一つ。この方法だけがヤマトにとって地球を救える最後の術であったのだ。
 ヤマトはアクエリアスとともに宇宙のかなたに消えていった。
 ヤマトの最後を見届けたデスラーは、ガルマン帝国復興のため帰還していった。――しかし、ヤマトの最後を見届けた、武人、デスラーの目には、何か熱いものが流れていた・・・。

―――時に西暦2203年。この物語りはヤマト最後の航海直後から始まる・・・.

序章END...


次章「第1話」へ

>>再建篇トップへ戻る

※当作品は、原作とは一切関係ありません※
COPYRIGHT (C) グレートヤマト/軍艦やまと<宇宙戦艦ヤマト-再建篇->製作委員会