軍艦やまと

戦艦大和宇宙戦艦ヤマト特別企画BBSMAILサイトマップLINK

>>宇宙戦艦ヤマト<<

宇宙戦艦ヤマト
宇宙戦艦ヤマト
├作品紹介
松本零士
└著作権問題

 

宇宙戦艦ヤマト宇宙戦艦ヤマト
数々の地球の危機を救い、苦渋の自爆を遂げた宇宙戦艦。

宇宙戦艦ヤマト-Space Battle Ship YAMATO-
 時に西暦2199年。地球は謎の侵略国家「ガミラス」からの攻撃を受け、壊滅的な被害を受けていた。海は枯れ、地表は赤くひび割れ、そこには生命の姿はなかった。地球人類は生活の場を地下へと移し、微かな抵抗をしていたが、地表に広がる放射能は次第に地下をも蝕み始め、このままではあと1年で人類は滅亡してしまうとされていた。この地球人類滅亡の危機を脱するべく、選ばれた人間や生物の遺伝子を積み、地球を脱出しようといういわゆる「ノアの箱舟」計画のもとに建造されていた艦があった。これが「ヤマト」である。しかし、惑星「イスカンダル」からのメッセージを受けて計画は変更され、ヤマトにイスカンダルから送られてきた設計図を基に作られた「波動エンジン」を取り付け、イスカンダルへ放射能除去装置「コスモクリーナーD」を手に入れるべく旅立つのだった。

 ヤマトは正式名称を「M-21991式宇宙戦艦」といい、戦艦大和をモデルに建造された艦である。資料によっては“改造”と載っている場合もあるが、250年以上も昔の戦艦などただの鉄屑であり、ほぼ新造しないといけないことから、戦艦大和をモデルに建造された宇宙戦艦であると表現したほうがよいはずである。

 ガミラスからの攻撃で地の海は干上がり、九州坊ケ崎沖に露出した沈没艦「戦艦大和」をカモフラージュにして建造されていたが、その正体はガミラスに漏れており(ガミラスは地下都市を建設していると予想)、機密保持の役割はなかったように思える。しかし、その地下工場では着々と建造が急がれ、未完成部分が残ってしまってはいたが無事発進までに至った。

 宇宙戦艦ヤマトは非常に特殊な艦で、ガミラス戦前後に登場する地球防衛軍のいずれの艦艇とも逸脱したフォルムを持っている。海上を航行する船がそのまま宇宙を飛んでいるその艦影は、この艦のみである。なお、ヤマトには姉妹艦はいない。

艦歴-History of YAMATO-
 戦艦大和と違い、宇宙戦艦ヤマトは自沈に至るまで数々の輝かしい戦果を残した。それはまるで戦艦大和が発揮できなかった無念の心を、晴らさんとしているようでもある。なお、この表は連結した時間軸(TV版)に合わせている。また、宇宙戦艦ヤマト2以降は正確な日付などが明確にされていない為、一部推測である。

年号

日付

内容

2199年

10月8日

ヤマト始動

-

10月9日

ヤマト発進

-

10月10日

人類初となるワープ実験(月から火星へ)成功。

-

10月11日

初の波動砲発射

-

10月13日

修理・コスモナイト採取の為、タイタンに不時着

-

10月16日

ガミラス冥王星基地から反射衛星砲による攻撃を受け、冥王星の海に水没。

-

10月18日

冥王星基地攻略、壊滅させる。

-

11月3日

冥王星基地所属残存艦隊を撃破

-

11月26日

太陽圏脱出

-

11月30日

デスラー機雷突破

-

12月3日

オリオン座α星通過

-

12月6日

ガミラス機を拿捕

-

12月8日

オクトパス星団到着。嵐により航行不能

2200年

1月1日

オクトパス星団通過

-

1月8日

マゼラニックストリーム脱出

-

1月14日

ビーメラ星通過

-

1月18日

パラノドンと戦闘。撃退に成功

-

1月21日

宇宙要塞13号爆破

-

1月26日

リレー衛星破壊

-

1月28日

バラン星基地攻略、壊滅させる。(イスカンダル到着予定日)

-

2月27日

ドメルから挑戦状が送られる。

-

3月7日

七色星団海戦

-

3月8日

宇宙葬を行う。

-

4月28日

ガミラス星突入

-

5月1日

ガミラス星出発

-

5月31日

イスカンダル星出発

-

7月6日

(地球帰還予定日)

-

9月6日

ヤマト、地球に帰還

2001年

10月8日

白色彗星が観測される。

-

11月4日

ヤマト発進

-

-

(白色彗星帝国戦)

2202年

夏季

(暗黒星団帝国戦)

-

10月

ヤマト第2の地球探査へ

-

-

ボラー連邦「ラジェンドラ号」とガルマンガミラス帝国軍と遭遇、戦闘状態に

-

-

宇宙葬

2203年

8月

シャルバート星出発

-

-

ヤマト帰還

-

10月以降

(ディンギル帝国戦)

-

-

宇宙戦艦ヤマト、自沈

 

性能諸元-Performance-
 
ヤマトは地球側の技術・金属だけで建造されたのではなく、主機関はイルカンダルの波動エンジンを搭載し、宇宙金属「コスモナイト」を使用している為、ワープ航法ができる。また兵装もこのエンジンのエネルギーを利用し、元来の地球艦とは違って格段に戦闘能力があがっている。
 また主兵装と比べて印象的なのが、搭載艦載機の多さである。艦尾には巨大な格納庫を有し、艦底にあるハッチや艦尾にあるカパタルトから発進させることができる、航空戦艦のような一面もある。それもあってか、後に格納庫はさらに拡張されて搭載機数を増やしている。おそらくヤマトは単艦による戦闘を想定して建造しているため、多角的攻撃にも対応できるように多数の艦載機を搭載しているものと考えられる。

搭載兵装

兵装

艦首(収束型)波動砲            1門
45口径46cm三連装衝撃砲         3基
46口径20cm三連装衝撃砲         2基
垂直(煙突)ミサイル発射管(VLS)    8セル
艦首ミサイル発射管          合計12

両舷側ミサイル発射管         合計16門
パルスレーザー高角砲            多数
パルスレーザー対空機銃          多数
波動爆雷投射機                1基
ロケットアンカー                2基

特殊兵器

空間磁力メッキ
波動カートリッジ弾
反重力感応器

  空間磁力メッキとはいわゆるバリアーで、使用頻度(劇中での使用は1回)からみてかなりの局面でないと使用しない、最後の手段であろう。
 ヤマトの主砲や副砲は通常はエネルギー弾によるもので、波動砲も威力は違えど原理は同じである。しかし、波動カートリッジ弾は実弾の中に炸薬として波動エネルギーを用い、装甲の厚い敵や、波動エネルギーに脆い敵などに用いるようである。このことから、主砲と副砲は実弾の発射も可能であることがわかる。

性能諸元

性能

全長    265.8m
全幅     34.6m
全高     77.0m
自重    62,000t
乗員     114名
速力  光速の99%
航続距離   無限

艦載機

ブラックタイガー
コスモ・ゼロ
コスモタイガーU
コスモハウンド
救命艇


 ヤマトは幾度も修理・改造を受けており、兵装も若干入れ替わっていたりする。また、搭載艦載機も入れ替わっていたりするので注意。ここでは全ての兵器(ヤマトが搭載したことのある兵器)を表にしてある。また、表には加えなかったがアナライザーを含む探査用ロボットも多数搭載したことがある。

 もともとヤマトは長い航海を予定して作られている為、移住性には非常に長けており、なかでも乗員福利施設は非常に整っている。艦内にはヤマト農園、ジムも兼ねた体育館、レクリエーション施設と精神医療施設を兼ねるイメージ投影ルーム、冷凍睡眠装置、スナックまである。さらに艦内工場も有し、なんと艦載機の生産も自前で行えるようになっている。資材や食料は不足すると他の惑星に立ち寄り、採取する。
 ヤマトは他の艦と艦隊を組んで行動する、という思想のもとに設計されてなく、全て自前で行えるように設計されている。そのため様々な兵器や設備を搭載し、万能艦となっている。単艦による戦闘でもガミラス艦隊と十分戦えたのは、このためである。


当ホームページは個人の趣味範囲で作成・運営されており、製作会社等とは一切関係ありません。
画像、HTMLドキュメントファイル(表示させる全て)の無断転載、無断使用を禁じます。
軍艦やまと / (C)Ema☆Nati